iphoneに隠されためっちゃ便利な機能②

前回はiphoneの便利なスキャン機能についてご紹介しました。今回も引き続きiphoneの隠れ便利機能についてご紹介していきます。

時計をタップするとサイト上部に戻ることができる

ブログなどを読み進めていった時、文章量が多くて一番上まで戻るのって結構めんどくさいですよね。最近では、🔝ボタンがあることが多いので上部までスクロールしてくれるのですが、🔝ボタンがないサイトもまだまだ多いと思います。
そんな時に便利な機能がiphone上部の時計をタップすると上部まで移動してくれるという優れた機能。なかなか知っている人は少数なのではないでしょうか?めちゃくちゃ便利!かと言われればそこまで驚くほど便利ではありませんが、小ネタとしては十分使える機能ではないでしょうか。笑

左上の「15:27」をタップ
一番上までスクロールしてくれる

キーパッドの「空白」長押しするとカーソル移動できる

よく一文字だけ直したいとか、間の行にコピペしたいとか、文章を小さい画面でいじっているとうまくカーソルが合わなくてイラっとすることありませんか?この機能を知った時はめちゃくちゃ感動しました!(某バラエティ番組)わりとメモ機能を使用してアイデアや文章、ブログ記事などを移動中に書いたりするので、この技はかなり重宝します。慣れるまでは、機能を忘れてしまっていることが多いのですが、慣れるとすぐに長押しする癖がつきます。スマホで文章を書く方はぜひ一度試されてみてはいかがでしょうか。

キーパッドの「空白」を長押しするとカーソルを自由に動かせる

iphoneを振って誤りを取り消す

こちらも上部の内容と少しかぶるのですが、文章を入力していて誤って消しすぎちゃった!なんてことはないでしょうか?私はしょっちゅう繰り返しては、また最初から入力し直すのという無駄な作業をしていました(笑)。パソコンだと「戻る」コマンドがあるのですが、スマホの入力ではこの「戻る」コマンドがないので、間違えた時に戻れないことがすごい不便でした。しかし、iphoneを振ることで取り消し「取り消す」というコマンドを出すことができます。(私は取り消すよりも戻るという認識で使っていますが)この機能を使えば、間違いだって怖くない!文章を消しすぎても戻ることができるので、どんどん文章を編集することができるようになりました。

文章を消しすぎた!どうしよう
スマホを振ると表示される
戻したいところまで戻せる

今回もiphoneの隠された(隠してる訳ではないと思うが)機能についてご紹介させていただきました。ぜひ皆さんも色々な機能を発掘してみてはいかがでしょうか?

最新情報をチェックしよう!
>賃貸管理のプロフェッショナル「ideaman」

賃貸管理のプロフェッショナル「ideaman」

株式会社ideaman(アイデアマン)は、不動産投資及び賃貸管理業務における問題の発見・解決策の提案・経営戦略への提言などを中心に、賃貸管理における様々なソリューションをご提供いたします。

CTR IMG