思えば、前職のサラリーマン時代に本の出版の話を社長からいただき、1度目の出版社で企画が通らず、さらに次に別の出版社に別企画で出しても通らず…。。。

かぼちゃの逆風は予想以上に厳しいものでした。

その後、独立を機にもう一度戦略を練り直して、三度目の正直と出した企画がようやく通ったのは一年前。独立とともにコロナだっただけに、「一筋の光」ってのは、まさにこのことだと思いました。

二十年間の不動産業経験の中でも、特に携わってきた「賃貸管理業」の重要性をもっと大家さんや、不動産投資をしたい方に知ってもらいたい、という思いで書きはじめました。

というのも、特に収益不動産は「何を買うか?(利回り)」ばかりがフォーカスされがちですが、「だれに預けるか?(運営をどこに任せるか)」には、あまり触れられることがありません。

わりと地味な印象がある賃貸管理業が、いかに重要性なのか…こればかりは、不動産賃貸経営を始めて、はじめてわかります。

執筆に関しては、これまで十年近くの経験があり、今でも二本の連載を書かせてもらっているのですが、何せ本ほどの長編を書くのははじめてです。

創業したてで、やることは満載…、そんな中、合間合間で本を書き進めてきました。

企画、あらすじ、構成、執筆、図版、校正、タイトル、サブタイトル、キャッチコピー、、、書いてみたもののイマイチピンとこなくて、またひっくり返して創造して書き直し。そんなこんなで、不思議なぐらいの自分の要領の悪さに、ものすごくストレスを感じてきました。

12月末までには書き上げて、春には出版だ!と思っていたけど、細かなところや校正まで至る所が気になり全然ゴールが見えない。

山頂が見えているのに辿りつかない富士登山のように、8合目、9合目から山頂がこんなに遠いものなのかと、知りました。

ようやく書き終えたのは5/5の早朝。もっと短期間でできるはずなのに、本当に長々とかかりました。

書いた本のページ数は320。。。正直、書きすぎました。笑

出来上がった本は、サイコーに満足です!…と言いたいところですが、まだ印刷も上がっていないのに言うのもなんですが、正直なところ「まだまだ」だと、感じてしまいます。

頭の中にあることを伝えるのって、本当に難しいです。

でも、この経験を通じて、本を書き上げるのには、出版社をはじめ、いろんな人の力を借りながら出来上がるもので、自分の力不足をまざまざと感じさせられました。

まぁ確かに、ミスチル程の大物でも小林武史がずっとついていたから、私レベルでは当然そんなもんなのかと妙な納得をしています。笑

もっとこうしたらよかったとか、伝えたいことが伝えられず、伝えなくても良いことまで書いてしまい…またゼロベースで書き始めたいくらいです。笑

それにしても、とりあえずは一つモノを作れたことは、はじめの一歩になったのかなと、思いました。

この本は、これから不動産投資をはじめたい方はもちろん、既存の大家さん、それからぜひ不動産管理会社の皆さまにもお手にとって頂きたいと思います!

「ラクして稼ぐ不動産投資…」と言うタイトルにしてますが、不動産投資はラクだってことを言いたいのではなく、「ラクして稼ぐためには、よいパートナーを見つけることが肝ですよ!」と言いたいのが、この本の中身です。つ

まり、よい管理会社の存在無くして、ラクして稼ぐことは実現できないということなのです。

発売は2021年5月31日で、書店には6月1日より並ぶと思います! Amazonでは予約開始されていますので、ぜひよろしくお願いします。

https://amzn.to/3nZl8ai

発売前にもかかわらず、すでにAmazonでも高順位を頂いており、支えてくださる皆さんに心から感謝です!

皆様の温かな「ポチッ!」をお待ちしております。

不動産投資部門では現在3位!(1.2位はアンリミテッド)

投資ランキングでは、金持ち父さん貧乏父さん、バビロン大富豪の教えに続いてます!

まだ発売されていないのに、全体で550位ってほんと!?笑

最新情報をチェックしよう!

きゃらばん日記の最新記事8件

>賃貸管理のプロフェッショナル「ideaman」

賃貸管理のプロフェッショナル「ideaman」

株式会社ideaman(アイデアマン)は、不動産投資及び賃貸管理業務における問題の発見・解決策の提案・経営戦略への提言などを中心に、賃貸管理における様々なソリューションをご提供いたします。

CTR IMG