繁忙期こそ、生産性の高い働き方を!

■生産性の低い仕事で「繁忙」はNG
 いよいよ師走ですね。繁忙期の足音も、もうすぐそこまで迫ってきました。賃貸管理会社にとっても年に一度の書き入れ時。しかし、そんなときこそ注目してほしいのが、会社の収益性や生産性です。皆さん、いまからでも遅くはないので、従業員の業務の棚卸しをやってみてはいかがでしょうか。
 管理の現場は常に膨大な量の雑務に追われていますが、繁忙期はさらに磨きがかかります。解約受付、募集活動、空室確認、原状回復…、まさに目の回るような忙しさです。しかし、管理の現場を忙しくさせている業務のすべてが利益を生む仕事というわけではないことを、経営者やマネージャーは忘れてはいけません。人件費の高い正社員に生産性の低い雑務ばかりやらせれば、会社の利益は当然に下がっていってしまうからです。
 そこで、業務の棚卸しです。今のうちに業務の詳細を把握しておけば、たとえ繁忙期の忙しい最中であっても「これは利益を生まない仕事」「これはアルバイトでできる難易度の仕事」といった判断できるようになります。生産性の高い仕事を優先できるようになれば、自然と会社の利益もあがります。せっかくの書き入れ時に生産性の低い仕事で忙しくしていても、良いことは何もないのです。

■分析・戦略・提案こそ管理会社の仕事
 業務の棚卸しを行ったなら、確認していただきたいのは、図1のような「考える仕事」つまり分析・戦略・提案の業務の割合です。業績アップに課題を抱えている企業の棚卸し結果を見てみると、驚くことにほとんどの企業が3〜5%程度しか「考える仕事」に時間を割けていませんでした。

最新情報をチェックしよう!

連載バックナンバーの最新記事8件

>賃貸管理のプロフェッショナル「ideaman」

賃貸管理のプロフェッショナル「ideaman」

株式会社ideaman(アイデアマン)は、不動産投資及び賃貸管理業務における問題の発見・解決策の提案・経営戦略への提言などを中心に、賃貸管理における様々なソリューションをご提供いたします。

CTR IMG