人気上昇中?入居者が求める設備傾向

そろそろ引越しを考えています。いつかはマイホームを!と考えているので購入も視野に入れつつ、情報収集してますが、最近では住宅ローン完済年齢上昇のニュースを見て、住宅ローンをギリギリまで払い続けるなら(ローン期間等組み方次第ですが)賃貸でもいいかなと思っています。


私の場合、賃貸物件を探すにあたり、設備や条件にこだわり過ぎるのでなかなか理想の物件が見つからないのですが、「こだわりがない」と言っている人でも、「この設備がないと入居したくない」、「この設備があるならこっちのアパートにしようかな」とどうしても外せない設備や求める設備があるはずです。昔に最新設備として導入したものも、今ではそれが定番化し、あるのが当たり前の設備もあるので、入居者に人気の設備を定期的にチェックすることが大切です。

  • 人気設備ランキング2020

全国賃貸住宅新聞が毎年発表している人気設備ランキング。今人気の設備を見てみます。

図1 

※全国賃貸住宅新聞「2020人気設備ランキング発表」から抜粋

図2 

※全国賃貸住宅新聞「2020人気設備ランキング発表」から抜粋


図1では単身、ファミリー共にインターネット無料が1位です。図2では1位〜8位まで変動がありません。もはや定番化していると言えるでしょう。
今回は9位以下のランキングに少し変動がありました。これらはなぜ、ランキングが上がりつつあるのでしょうか。

  • お家時間が増えたことで生活の質を求める

単身向けではシステムキッチンやガスコンロ(二口・三口)が上位へあがってきています。自粛の影響で外食を控え、家で食事をする時間が増えたことでキッチン周りの設備の充実を意識する入居者が増えたからでしょうか。入居者が求めているとはいえ、システムキッチンを導入するのは簡単ではありません。リフォーム費用とそれを回収するための家賃設定の問題や間取り的にも難しいところもあります。そういう時は色あせて剥がれかけたキッチンの扉のシートを貼り替えたり、取っ手の交換をしたり、シングルレバー水栓にしたりと綺麗にするだけでも印象は変わってきますのでやる価値はあるのではないでしょうか。

  • 非対面で荷物の受け取り

宅配ボックスは近年の通信販売利用の増加の影響もあり、日中仕事で不在でも荷物が受け取れるということで人気の設備ですが、最近では在宅中でも配達員と非対面で荷物を受け取ることができ、接触を避けることで新型コロナウイルスの感染対策になるということから利用したいというニーズが増えてきているのでしょう。最近では「置き配」と呼ばれる簡易的な宅配ボックスも注目を集めています。

自粛期間の影響により、家で過ごす時間が増えた分、家の設備について考え直す入居者も多くいたのではないでしょうか。入居者の立場に立って、入居者が求める本当に必要な設備を導入したいですね。

最新情報をチェックしよう!
>賃貸管理のプロフェッショナル「ideaman」

賃貸管理のプロフェッショナル「ideaman」

株式会社ideaman(アイデアマン)は、不動産投資及び賃貸管理業務における問題の発見・解決策の提案・経営戦略への提言などを中心に、賃貸管理における様々なソリューションをご提供いたします。

CTR IMG