グリーン住宅ポイント制度の概要(その2)

どのような建物や工事がポイント付加の対象になるのでしょう。
賃貸住宅にフォーカスしてみていきましょう。

対象住宅の性能要件等

賃貸住宅の新築工事

  • 全ての住戸の床面積が40平米以上あること
  • 建築物省エネ法に基づく、住宅トップランナー制度の賃貸住宅にかかる基準に適合すること

住宅トップランナー制度??断熱等級4以上、一次消費エネルギー等級4以上とのこと。
トップランナーと言うからにはさぞかしハードルが高いのでは?と思ったら、最近建っている建物はほぼ4以上あるとのことでした。

リフォーム工事

  • 開口部の断熱工事
  • 外壁・屋根・天井または床の断熱改修
  • エコ住宅設備の設置
    上記いずれかの工事は必須です。
  • 耐震改修
  • バリアフリー改修
  • リフォーム瑕疵保険等への加入
    これらは任意です。

エコ住宅設備とは、太陽熱利用システム(発電システムではありません)・節水型トイレ・高断熱浴槽・節湯水栓・高効率給湯器など。
賃貸住宅のリフォームにこれらの設備投資をすることは、かなりの負担になると思いますが、時流に合わせた新しい空室対策と捉えてもいいのかもしれません。

次回は、気になるポイントについて。

最新情報をチェックしよう!

賃貸経営の最新記事8件

>賃貸管理のプロフェッショナル「ideaman」

賃貸管理のプロフェッショナル「ideaman」

株式会社ideaman(アイデアマン)は、不動産投資及び賃貸管理業務における問題の発見・解決策の提案・経営戦略への提言などを中心に、賃貸管理における様々なソリューションをご提供いたします。

CTR IMG