クラウドソーシングで管理業務の生産性をあげる

Q:管理は徐々に増えてきたのですが、やるべき業務が増えてしまっています。社内の役割分担が明確にできてないのか、とにかくいつも人手不足です。何から手をつければいいのかわかりません。何か良いアドバイスはありませんか?

A:管理会社がオーナーから与えられた「ミッション」は、なんなのでしょうか。本来のやるべき仕事ができるように、外注も検討しましょう。特に専門分野はIT化により、安いコストで外注ができるようになっています。

<人材不足の管理会社>

 総務省発表の経済センサスによると、不動産賃貸管理業における従業員数は、一事業所あたり4.6名と言われている。賃貸管理業は業務の幅が広く、緊急性を伴う仕事も少なくないため、慢性的な人材不足に陥っている企業が多いのではないだろうか。管理会社のミッションは、『オーナーからお預かりしている物件を高稼働で運用し、その物件の資産を最大化させ、最適な運用提案をして上げること』であり、そのことに誰も異論はないはずだ。しかし実態を見てみれば、目の前のトラブル対処や作業的な仕事に、ほとんどの時間を費やし、管理会社のミッションである提案業務にまで仕事が至らず、存在感を発揮できていないケースがほとんどである。従業員の数も限られているのであるから、本来やるべき仕事の優先順位をつけなければ、目の前の業務をただこなす日々で終始してしまう。当然、生産性も高まらず、管理戸数を増やしたくても増やせない状態に陥る。

<発想の転換で生産性をあげる>

 限られた管理料のなかで仕事を外注しては、赤字事業になってしまうという発想がその生産性を止めてしまう。いくら赤字事業にならないとしても、生産性や質が保てないようであれば、企業の成長が期待できないことになる。少し発想の転換をして、思い切って外部の専門性(外注)を使ってみてはどうか。人的資源の活用は、下記のような方法がある。

最新情報をチェックしよう!

連載バックナンバーの最新記事8件

>賃貸管理のプロフェッショナル「ideaman」

賃貸管理のプロフェッショナル「ideaman」

株式会社ideaman(アイデアマン)は、不動産投資及び賃貸管理業務における問題の発見・解決策の提案・経営戦略への提言などを中心に、賃貸管理における様々なソリューションをご提供いたします。

CTR IMG